2010年03月18日

千葉大生殺害 学部長が両親に卒業認定書(毎日新聞)

 千葉県松戸市のマンションで昨年10月、千葉大4年の荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件で、千葉大園芸学部の菊池真夫学部長(65)らが16日、兵庫県稲美町にある荻野さんの実家を訪れ、荻野さんの両親に卒業認定書を贈った。父卓さん(60)は千葉県警を通じて「(学部長らが)わざわざ来てくれて友花里も喜んでくれたことでしょう」とコメントした。

 荻野さんはゼミで「環境植栽学」を専攻。既に必要な単位をほぼ取得していたため、大学側は「卒業に相当する」として、23日の卒業式を前に認定書を発行した。

 この日はゼミ担当教官の三島孔明助教(42)とゼミの同級生3人も同行。遺影や思い出の品が飾られた祭壇に向かって焼香した後、菊池学部長が卓さんに認定書を手渡した。菊池学部長は「これで両親の悲しみが癒えることはないだろうが、少しでも慰めになってほしい」と語った。【山川淳平】

【関連ニュース】
千葉大生殺害:竪山容疑者を強殺罪で追起訴
千葉大生殺害:竪山容疑者を送検
千葉大生殺害:現場を複数回下見 「入りやすそうだ」
千葉大生殺害:逮捕もっと早ければ… 知人ら悔しさ訴え
千葉大生殺害:「もみ合いになり刺した」逮捕の男殺意否認

<枝野担当相>事業仕分け第2弾対象選定開始 50法人公表(毎日新聞)
愛子さまご欠席、両陛下が「解決に十分配慮を」(産経新聞)
伊吹山ドライブウェイ 除雪作業始まる 岐阜・滋賀(毎日新聞)
東京大空襲 朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版(毎日新聞)
輿石氏が農地を無断転用 畑に車庫や道路…行政指導も解消せず (産経新聞)
posted by ツカダ カツミ at 03:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

大阪・松原市の放火自供男、ウソと判明(産経新聞)

 大阪府松原市で平成15年1月、民家が放火され3人が死傷した事件で、「自分が火をつけた」として神奈川県警に出頭した横浜市南区のアルバイトの男(44)の供述は虚偽だったことが12日、府警捜査1課への取材で分かった。男の説明と現場の状況のつじつまが合わず、最後はうそを認めた。府警は「反省している」として軽犯罪法違反容疑での立件を見送る。

 府警によると、男は当時は松原市に住んでおり、事件をある程度知っていた。男は「前借りした生活保護費を給料で返そうとしたが使い切り、刑務所に入りたいと思ってうそをついた」と話したという。

【関連記事】
「筑波大非常勤講師」名乗り「パチンコ機器開発費」5千万円詐取
自称「キタの父」詐欺で逮捕 占い師?テレビや雑誌にも
政策よりも金策…詐欺容疑で逮捕の元政策秘書、身分をフルに悪用
携帯充電器マルチ事件 MMS幹部らを再逮捕
奈良・山本病院死亡事件 ずさんな手術、動機は不可解

7000万円横領容疑、会社社長を再逮捕 警視庁(産経新聞)
高校無償化法案、衆院を通過(読売新聞)
<チリ大地震>津波注意報で避難10%…海岸から1キロ内(毎日新聞)
仕分け対象の可能性が高い50法人を公表―枝野担当相(医療介護CBニュース)
野生ニホンザル、花粉症で受難 兵庫・淡路島(産経新聞)
posted by ツカダ カツミ at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

裁判員判決を修正=量刑理由の一部分−裁判官、後日作成の書面で・岡山(時事通信)

 岡山地裁で昨年12月にあった殺人未遂事件の裁判員裁判で、判決が量刑理由で言及した被告の再犯可能性に関連する内容の一部を、裁判官が後日作成した判決書で修正していたことが11日、明らかになった。
 地裁は「個別事件のことは答えられない」としている。法廷で言い渡された判決内容は、裁判員と評議した結果をまとめたもので、修正した経緯が問われそうだ。
 刑事裁判の判決は裁判長が口頭で被告に宣告する。詳細を記載した判決書は後日、裁判官だけで作成し、裁判員は署名しない。
 判決は昨年12月18日で、磯貝祐一裁判長は殺人未遂などの罪に問われた女(43)に懲役5年3月(求刑懲役8年)を言い渡した。
 判決は、量刑理由で「被告が再び同様の犯行に及ぶ可能性は大きい」とした検察側主張について、「量刑上考慮要素にはならないと考える」として退ける言及をした。
 岡山地検の岩崎吉明次席検事は、判決日の記者会見で「再犯可能性を考慮しないのは法律論としておかしい」と批判。地裁にも同様の意見を伝えたという。
 この後、同月25日付で出された判決書では、「再び同様の犯行に及ぶ可能性がないとは言えないものの、それが大きいと言えるかは不明であるから、本件において量刑上考慮できないと考える」と修正されていた。
 岩崎次席検事は「判決書の内容についてはコメントを差し控える」としている。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「被害感情の過大視」否定=裁判員判決で控訴棄却
取り調べDVD、再生70分=傍聴席は音声のみ
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕
裁判員「性犯罪の刑軽すぎ」=未遂罪、求刑通り懲役7年

大阪市雇用対策事業 受託会社が日誌改竄か(産経新聞)
<囲碁>謝女流名人が3連覇(毎日新聞)
<ミッドウェー>母港化を協議検討 80年代に外務省(毎日新聞)
金子みすゞ 没後80年で墓前祭(毎日新聞)
第39回フジサンケイグループ広告大賞(5)(産経新聞)
posted by ツカダ カツミ at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。