2010年02月05日

<脳細胞>「ひげ」右回り 左右の脳の機能分担生じる原因か(毎日新聞)

 脳の神経細胞から伸びるひげ状の「神経突起」は成長する際、先端部が時計と同じ右回りに回転していることを、理化学研究所と大阪大のチームが動物実験で発見した。回転が左右の脳の非対称性を生み、右脳と左脳の機能分担を生じさせると推測している。米科学誌「ジャーナル・オブ・セルバイオロジー」で2日、発表する。

 理研の上口裕之チームリーダー(脳科学)らは、ラットの神経細胞を特殊なゲル状の溶液中で三次元的に培養。あらゆる方向に成長する神経突起の先端の動きを記録した。

 すると神経突起の先端にあり突起の進む方向を決める「成長円すい」から、多数飛び出ているとげ状の「糸状仮足(しじょうかそく)」という部分が、根元から見て時計回りに回転し続けていることが分かった。毎分1回転で、回転しつつ伸び縮みしているという。遺伝子操作で糸状仮足の回転を止めると、通常右曲がりに伸びる神経突起が直線的に伸びるようになった。

 また右脳、左脳とも回転は右回りだった。左右の脳の神経回路は鏡に映した対称形ではなく、非対称になる。上口さんらは「非対称の神経回路が右脳、左脳の機能差を生むと考えられる。回転を止めたり逆にした神経細胞を作ることで、脳のメカニズムを解析する新しい方法が生み出せる」としている。【奥野敦史】

【関連ニュース】
大脳:「臨界期」後でも機能変化 早期教育論に影響も
てんかん:防止のたんぱく質を特定 日米のチームが
てんかん:発症防ぐ物質、日米チーム特定 発症の一因解明
脳:運動で若返る! 認知症治療薬に近い効果、マウス実験で証明−−東大研究チーム
大脳:臨界期後も変化 神経細胞が外の刺激受け−−マウス実験

政務三役・副幹チームを検討=政策関与の強化狙う−民主(時事通信)
【from Editor】1945→2136(産経新聞)
<首都圏連続不審死>すりこぎから睡眠薬 つぶして混ぜる?(毎日新聞)
【from Editor】純文学は聖域か(産経新聞)
【一筆多論】松村雅之 コールドケースを追え(産経新聞)
posted by ツカダ カツミ at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。