2010年02月01日

<最低賃金>引き上げ検討、厚労省と経産省が初会合 (毎日新聞)

 厚生労働省と経済産業省は28日、最低賃金引き上げを検討する「中小企業支援等の最低賃金引き上げ対策検討チーム」を設置、初会合を開いた。

 チームは両省の副大臣と最低賃金の関係部局の局長らで構成。最低賃金を引き上げた際の課題を調査する。具体的には引き上げにより人件費が増す中小企業への支援のあり方や引き上げ方法、経済や雇用に与える影響などを検討する。

 現行の最低賃金は、都道府県ごとに決められ、09年度の全国平均は713円。民主党は衆院選のマニフェストで全国平均1000円への引き上げや一律の「全国最低賃金」(800円)の新設などをうたっている。現行の最賃決定は、労働者、使用者、公益の3者構成の委員会が中央で引き上げの目安を示し、同じ構成の委員会が各地域の事情を考慮して決めている。【東海林智】

【関連ニュース】
日産労連:春闘で月額1000円の賃上げ要求の方針
春闘:電機連合、賃金改善見送り 要求方針を提案
協会けんぽ:10年度の保険料率大幅上昇、地域格差も拡大
自動車総連:賃金カーブを維持 春闘方針決める
春闘:労使が初交渉 賃金より雇用確保優先

列車事故 特急とトラック衝突 乗客ら25人軽傷 北海道(毎日新聞)
民主、参院選公認は来月に 捜査波紋…「複数」二の足(産経新聞)
正座1時間、平手打ちなど15回…小1虐待死(読売新聞)
<名護市長選>市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)
【土・日曜日に書く】論説委員・清湖口敏 白川静に学ぶ「人間学」(産経新聞)
posted by ツカダ カツミ at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国内長寿2位・113歳、太田ちよのさん死去(読売新聞)

 国内長寿2位だった宮城県加美町の太田ちよの(おおた・ちよの)さんが25日、老衰で死去した。

 113歳だった。告別式は30日午後2時、加美町町屋敷31龍川寺。自宅は同町南寺宿82の1。喪主は三男、和夫氏。

 同町などによると、沖縄県在住の114歳の女性に次いで、国内2番目の長寿だった。

<海自ヘリ事故>防衛省に再発防止求める…長崎県大村市長(毎日新聞)
参院選後に中央省庁再編、首相が表明(読売新聞)
<囲碁>棋聖戦第2局、張栩十段が連勝(毎日新聞)
篠山紀信容疑者を書類送検=公然わいせつ、モデル2人も−警視庁(時事通信)
沖縄知事も「県外」表明を=稲嶺氏(時事通信)
posted by ツカダ カツミ at 04:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。