2010年02月12日

外国人参政権の反対署名消える 兵庫・加西市議会 盗難の可能性も(産経新聞)

 兵庫県加西市議が集めた永住外国人への地方参政権付与の法制化に反対する署名が、議会事務局内でなくなっていたことが8日、分かった。意見書案と一緒に臨時市議会にも提出できず、市議は「言論を妨害されたような思い。再び署名を集め、政府に地方議会の意見を届けたい」と話している。

 意見書案は、国民ではない永住外国人に地方の選挙権を与えることは憲法上問題があり、参政権を取得するには帰化すべきだ−といった内容。

 市議や議会事務局によると、市議が今月2日、意見書案と署名をファイルにとじて議会事務局の机に置いていた。計8人の市議が賛同し、署名していた。

 6日朝、出勤した事務局の職員が署名がなくなっていることに気づいて捜したが見当たらず、7日に開催された臨時市議会に提出できなかった。5日午後までは所在が確認されており、事務局職員が5日、施錠して帰宅していたという。

 盗難にあった可能性もあるといい、市議は「3月議会で提出したのでは時機を逸する恐れがあるので、今議会の最終日に提出したい」と話している。

「サンラ・ワールド」を捜索へ=50億円集金か、無登録営業容疑−警視庁(時事通信)
盛りだくさん「恵方」行き列車、1年の福願う(読売新聞)
<プリウス>タクシー「乗車拒否が心配」 リコールで波紋(毎日新聞)
国庫負担肩代わりに反対運動展開へ−健保連(医療介護CBニュース)
児童の列に乗用車、5人けが…茨城の市道(読売新聞)
posted by ツカダ カツミ at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

拉致問題「実行犯引き渡し項目」削除めぐり波紋(産経新聞)

 政府の拉致問題対策本部が同問題への対応方針として「実行犯の引き渡し」項目を、閣議決定文書から外した問題が再び波紋を広げている。

 自民党の岸信夫参院議員は4日の参院決算委員会で、「なぜ実行犯の引き渡しを外したのか」「(北朝鮮に対し)おかしなメッセージになる」などと政府の姿勢を追及した。

 これに対し、中井洽(ひろし)国家公安委員長・拉致問題担当相は「拉致被害者の安否確認と全員帰国、事件の真相究明に集中したい」、鳩山由紀夫首相は「実行犯の引き渡しを求めないと決めているわけではない。拉致被害者の方々に早く帰国してもらうことを最優先したい」と答弁した。

 中井氏は5日の記者会見で「よど号事件の犯人を帰すことで、手打ちをしようとした動きがあったことは間違いのない事実だ。そのことで実行犯の引き渡しとされては困ると前々から主張してきた」と指摘した。自民党の安倍晋三元首相は5日付のブログで、そうした事実はないと批判したが、中井氏は「ここ数年の6カ国協議での日朝交渉はそういう方向でいっていたはずだ」と反論した。

 拉致問題をめぐっては、自民党政権時代の平成18年10月、政府の拉致問題対策本部が対応方針として「万景峰号の入港禁止など制裁の実施」「国連や関係国との連携」など6項目を決定。とくに「拉致実行犯の引き渡し」は、20年6月、当時の町村信孝官房長官が「拉致被害者の帰国」や「事件の真相究明」と並ぶ「絶対必要な要件」と表明し、北朝鮮との交渉で妥協できない3要件と位置づけた。

 「救う会」副会長の島田洋一福井県立大学教授は「3項目の中で『即時帰国』と『真相究明』を最優先に掲げるのは理解できるが、『実行犯引き渡し』を外す積極的な理由は見当たらず、この対応は理解に苦しむ」と、鳩山政権の対応を批判している。

【関連記事】
拉致実行犯引き渡しは被害者帰国後に 国家公安委員長「やり方ある」
鳩山首相、衆院代表質問「健全な党内民主主義貫く」
年内に南北首脳会談? 韓国で話題沸騰
非核化難色で合意失敗か 南北首脳会談めぐり
国際親権問題で懸念伝達へ 米国務次官補が日本に

<雪>交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)
<米アカデミー賞>「ポニョ」「ATOM」ノミネートされず(毎日新聞)
<毎日映画コンクール>表彰式に1200人(毎日新聞)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
<ストーカー>ノエビア副社長を容疑で逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
posted by ツカダ カツミ at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

玄関開くと…カモシカ!夫婦襲われけが、籠城9時間(読売新聞)

 2日午前2時頃、福島県喜多方市岩月町入田付の民家にニホンカモシカが現れ、この家に住む男性(76)が左ももなどを角で突かれて大けがをし、妻(73)も右ふくらはぎを約10針縫うけがをした。

 帰宅した息子がカモシカが逃げ込んだ物置に鍵をかけ、約9時間後の午前11時過ぎ、市職員らが麻酔銃で眠らせて捕獲した。

 喜多方署によると、飼い犬がほえたため男性が玄関を開けたところ、カモシカが突然飛びかかり、外に出た妻も襲われた。連絡を受けた息子が帰宅すると、庭先でカモシカが犬とにらみ合っており、物置に逃げ込んだという。カモシカの体長は約120センチ、角の長さは約15センチで、10歳以上とみられる。捕獲後、市内の山中に放した。

 現場は、喜多方市郊外の山あいの集落。捕獲にあたった同市文化課の職員は「カモシカは警戒心が強く、通常はおとなしい。犬にほえられたうえ、人と出くわして、びっくりしたのでは」と話している。

<センター試験>英語の平均点118.14点 昨年より高く(毎日新聞)
小沢氏続投「ケリついたとは思えない」…谷垣氏(読売新聞)
連続不審死 「セレブ生活」貯金ゼロ…木嶋容疑者(毎日新聞)
首相動静(2月2日)(時事通信)
大阪法務局職員が妻を絞殺 無理心中図り義母の首も絞める(産経新聞)
posted by ツカダ カツミ at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。